欲望という暴れ象を制御する

欲望はあからさまにせず、しかし否定もせず。

結果は求めずプロセス、与える、与え続けるプロセスにひたすら専念する。

己なりのメソッド、一般解のオリジナル化。確立せよ。

欲望という暴れ象はヘーゲモニコンという象使いで制御する。

相手にこう思われているんではないか、という卑下した自分に実際の自分を合わせにいこうとしてしまい、苦しんでいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする